県立新座総合技術高校の生徒が、鉄道博物館の企画展『山手線展(仮称)』に参画し、企画・制作にチャレンジします!!

 

 埼玉県の専門高校では、企業や地域との様々な連携を通じた実践的な職業教育に取組み、将来の県内産業を支える人材の育成を行っております。

 この度、鉄道博物館との連携事業において従前にはない、より生徒が主体的に関わる形となる取組を進めています。具体的には、鉄道博物館主催の企画展「山手線展」の一部に生徒(情報技術科・デザイン科・食物調理科)が参画し、デザイン、イベントの提案や製作、ポスター・ロゴの製作等を担います。

 博学連携の要素も含んだ職業教育の取組を県外に広く発信するとともに、県内の児童・生徒に対して専門高校の魅力を知ってもらうために、取組の様子について、このHPより発信・更新していきます。

 

1 概要

  鉄道博物館2021年秋の企画展『山手線展(仮称)』

   会期 令和3年10月8日(金)~令和4年1月31日(月) (予定)

 

2 参画内容 (企画内容は変更になることがあります)

   ・企画展示室内における展示物の企画

   ・館内におけるイベントの企画・立案

   ・企画展の高校生向けポスター・ロゴのデザイン考案・制作

 

写真:鉄道博物館と生徒による企画内容の打ち合わせの様子